インプラント

治療前→治療後
《院長コメント》
1950年代初頭にスウェーデンの科学者:ぺル・イングヴァール・プローネマルク博士によつて、非常に丈夫で軽量な金属、純チタンが骨の組織とよく結合することが発見されました。
これがブローネマルクシステムの基礎になっています。
インプラント治療の第一段階は、チタン製の人工歯根をあごに埋人することです。
このチタン製の歯根は徐々に骨に固着し、生まれながらに持っている歯根と同じ様に歯冠をしっかりと支えます。
この安定性によって、多くの人々の口腔機能と生活の質が向上しました。
天然歯根に支えられている歯冠は、歯の機能的な部分です。歯冠の外側の層はエナメル質という身体の中でも最も固い組織から成っています。
人工歯冠は歯茎の中にある人工歯根にしっかりと固定され、その形と色は周囲の歯と同様に作られます。 プローネマルクステムによるインプラント治療を行うと、抜けた歯の周囲の骨の喪失が抑えられ、また回復してくることさえあります。
歯科インプラントは、歯の機能と外観を元適りにすることができる優れた治療法なのです。
 

TOPへ戻る